流産の確率は上がる?下がる?妊娠13週目のエコー検査とは

妊娠中の話

妊娠13週目の流産の原因は?

妊娠13週目にはいると、妊娠前に着ていた服がきつく感じる方も多いのではないでしょうか。

お腹の赤ちゃんが成長している証として出てくるお腹に、嬉しさを感じてしまいますよね。
でも、この頃も流産になる可能性はゼロではないので、油断は禁物なのですよね。

妊娠13週目頃に流産してしまう原因にはどんなものがあるのか、調べてみました。

  • 胎児の染色体異常での流産の恐れがある
  • ママ側に原因のある流産も起こり始める

妊娠13週目になると、赤ちゃんの生命力も増して、早期流産のリスクは低くなります。
それでもまだ、染色体異常などによる流産の可能性もあるので、体調変化に注意しましょう。

この早期流産は、ママの力では防ぐことができないので、あまり気を落とさないで下さいね。

また、この頃になると、ママ側に原因があって、流産になってしまうケースも出てきます。

子宮筋腫や、性感染症を患っている場合、流産になるリスクが高くなると言われています。
ほかにも、精神的なストレスやダメージが影響して、流産になることもあるのですよ。

これらが原因の流産は、予防することが出来るものなので、お医者さんに相談してくださいね。

妊娠13週目の赤ちゃんの様子は?

妊娠13週目になると、エコー検査で見える赤ちゃんの姿はだいぶ人らしくなりますよね。

動きも出てくるようになるので、検査のたびに色んな動きを披露してくれるのではないでしょうか。
妊娠13週目頃のお腹の赤ちゃんの様子はどんなものなのか、しらべてみました。

  • 脾臓と肝臓で血液を作り出せるようになる
  • 手を握ったり開いたり出来るようになる
  • 顔がはっきりわかるようになる

妊娠13週目になると、臓器の形成がどんどん行われ、また、機能し始めます。
まだ機能していない骨髄の代わりに、脾臓と肝臓を使って血液を作り出すようになるのですよ!

20g程度の重さしかないのに、血液を作り出せるようになるなんて、すごいですよね。

また、手足の形成も進み、指や爪も完成して、手を握ったり開いたりするようになりますよ。
なかには、指しゃぶりを披露してくれる子もいるので、エコー検査が楽しみになりますね。

さらに、目や鼻、口などの顔のパーツも出来上がって、産まれてくる時と同じくらいの顔つきになります。
パパ似かママ似か、エコー写真で盛り上がるのも、夫婦の絆を深める良い機会になりますよ。

エコー検査で流産は予測できる?

赤ちゃんの様子を知ることが出来て楽しいエコー検査ですが、かえって不安になる方もいると思います。

切迫早産などで流産の恐れがある方は、心配しながら検査を受けているのではないでしょうか。
エコー検査によって、流産してしまう兆候を知ることはできるのか、調べてみました。

  • エコーでの判断は難しい
  • ダウン症など特徴のあるものなら診断できることがある

エコー検査とは、超音波を当てて、その反射を映像化することで行う検査方法です。

そのためその時の赤ちゃんの体勢によって、見え方が大きく異なり、判断がつきにくいのですよね。
もしも検査のときに、赤ちゃんが背中を向けていたら、見たい臓器の部分が見えなくなってしまいます。

なので、エコー検査で胎児の異常を発見できるのは、とても難しいと言われているのですよ。

ダウン症などの、身体的な特徴のある先天性疾患なら、診断出来る場合があります。
それでも、100%の診断では無いので、あくまでも「疑い程度」の診断になります。

先天性疾患の疑いがあると言われたら、精密検査を受けることを勧められると思います。
かかりつけのお医者さんとよく相談して、精密検査を受けるかどうか、決めるようにしましょうね。

この頃から妊娠線の予防を

お腹が少し出てきても、妊娠線が出来るのはまだ先、と思ってケアを怠っていませんか?

でも実は、妊娠13週目ころから妊娠線予防のためにケアをすると良いのですよ!
妊娠13週目ころから、妊娠線の予防をするのが良い理由をいくつかご紹介します。

  • すでに出来始める人もいる?!
  • 今から皮膚を柔らかくすることで、妊娠線を予防出来る

妊娠13週目になると、お腹が膨らんでいることが服の上からでもわかるようになります。

とくに、妊娠前は痩せていた人や、皮下脂肪が多い人は、この頃から妊娠線が出ることがあります。
妊娠後期にお腹を見て悲鳴をあげないためにも、今のうちからしっかりとケアをしましょう!

妊娠初期のころから、クリームなどで皮膚を柔らかくしておくと、妊娠線が出来にくくなりますよ。

予防ケアをしていた人とそうでない人では、妊娠線の薄さが断然違うと言われています。
産後もきれいなお腹のラインを保つためにも、今のうちから妊娠線ケアを始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました